帝国の裏側

本日ご紹介するのは菊池雅志著の「孫正義が語らないソフトバンクの深層」です。
正直この本を選んだのは興味本位で
「孫正義の裏の面が書いてあるかな」
というものでしたが、中身は少々違いました。

内容的にはソフトバンクの幹部に焦点を当てて、ソフトバンクがここまで成長してきたのを別の視点から見るものでした。
とはいうものの、やはり孫正義という人間の凄さを間接的に説明するような結果になっています。

ああいうタイプの経営者らしい独裁性とヒラメキは周囲の人間からすると大変なのでしょう。
思いつきに近いようなものを「やれ」の一言で形にもっていかないといけない側の苦労が伝わってきます。
モデム配布やホワイトプラン最初の頃などの混乱もこの中身を見ると
「ああ、あの混乱は社長のひとことで変わりこうなってしまったんだ」
と納得します。

賛否両論ありますが、やはり一代でこれだけの会社を作ったことはすごいことだと思います。
しかし、それを支えているのは営業や技術畑のスペシャリストがいて、彼らがなんかしらの理由で孫正義に惹かれ、形はどうであれそれを実現すべく奔走することにより成り立っている、それがよくわかる本でした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふるし~

Author:ふるし~
アメブロで運営中のブログの裏館です。別館の方では野球の話題を扱っていますのでそちらもご覧ください。

FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
furusyをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR