チームの邪魔

「記録のための現役続行はチームの邪魔」

石井琢朗が引退会見で言ったコメントです。
みんな思うとこありますが、選手としてそうであると彼が判断したなら尊重したいです。

監督様の話をするのもあれですが、野村謙二郎の最後はそんな感じでした。
カープ史に残る名選手ですが、どうしても晩年の印象が強すぎて残念になりません。

そしてまた一人、他球団ではありますがあまりにも該当する選手がいると火の粉が降りかかりますね。
案の定ネットを見ていると、それを臭わすようなコメントばかりです。

「引き際が肝心」
と言うものの、そう簡単ではありません。
よそ様ですが、彼がいつその判断を下すかはやはり気になります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石井選手、ご苦労様でした。ぼくが思うに、優れて野手の晩年はどうしてもそんな印象になるのではないでしょうか。強いチームで勝利に貢献できないと叩かれますし、弱いチームにいくと若手の機会を奪うといった批判が必ずでます。(これは日本に限らずメジャーでもそうではないでしょうか)そういう意味では石井選手はいい時期にカープにきてくれて、引き際を心得ているという印象です。こういったところをみると非常に状況判断能力に長けていて頭がいい方だなとおもいます。カープとしては指導者として残ってほしい方と考えます。逆に投手は日本、メジャーに限らずどのチームも慢性的に不足していることや先発だけでなく、敗戦処理など働く場所がたくさんあるためベテランでも重宝される傾向にあるのではないでしょうか。

No title

今日チームが大勝し、ふと気づいたんですが。

打線が不振ぎみで、投手の疲れもたまり、しかもミコライオが離脱する
中での重要なヤクルトとの三連戦。
その前日に引退会見を行ったのは、チームを鼓舞するためであった気が
してなりません。

もしそうだとしたら・・・本当に偉大な選手ですね。

No title

>べーさん
常に最前線じゃなくてもいいと思うんですよね。
工藤が最後横浜で中継ぎやったり、あれだけの打者である前田が代打で一打席にかけるなど若手に与える影響は計り知れないと思います。
その点で豊田などもそうでしたがそういう選手の獲得の意味は大きいですね。

>匿名さん
シーズン終わってこの三連戦が決定打だったとなれば間違いなく語られるでしょうね。
だからこそ残り二試合を一つでも多く取りたいです。
プロフィール

ふるし~

Author:ふるし~
アメブロで運営中のブログの裏館です。別館の方では野球の話題を扱っていますのでそちらもご覧ください。

FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
furusyをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR