不思議な商売

今日ご紹介するのは牧野知弘氏「なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか」です。
勝った理由は、タイトルに惹かれたからです(笑)
たしかに、駅の前や商店街にある不動産屋さん。
大手の看板でなく、ガラス1面に広告が貼っていて、中ではやる気のなさそうなおじさんがスポーツ新聞を見ている。
あまり人が入っている様子もないし、ぼろそうな感じ。
大手みたいに広告をバンバン打っているわけではないのになぜ成り立っているのかということです。

本の中身をかいつまんで答えをいうと、手数料で稼いでいるからです。
管理報酬の土台があり、たまに不動産売買での3%報酬があるから。
その土台があるのは、普段から色々なところに顔出しをしたり地域に根ざした人脈があるから。

同じくこの業界に身をおくものとしてはそのとおりというしかないです。
ただこの本に一番の中身はこのタイトルとは全く関係ない、不動産投資を進めている内容
不動産投資を勧める本はいくらでもありますが、土地至上主義を訴えたり安易な投資論に警鐘を鳴らすなど、この業界のどまんなかを経験してきた作者だからこそ書ける実直な内容です。
それだけに、おそらく出版社が考えたであろう一般人ホイホイのこのタイトルをつけたほうが逆にもったいないと思いました。
中身としては、この惹きつけるだけのタイトルよりも、本気で不動産投資を考えている人間が強く意識しないというけないことを身につけるための本です。

※明日定例生放送を予定しています。
明日の放送では、残り10分過ぎぐらいから重大発表を行います。今後のブログについてです。
後日ブログでも発表しますが、よろしければぜひ生放送でお聞きください



なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか(祥伝社新書228)なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか(祥伝社新書228)
(2011/02/01)
牧野知弘

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふるし~

Author:ふるし~
アメブロで運営中のブログの裏館です。別館の方では野球の話題を扱っていますのでそちらもご覧ください。

FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
furusyをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR