スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮想ドラフトプレイバック・2007大社

以前、ドラフト記事の時のコメントで
「ふるし~さんはドラフトも詳しいんですよね」
と言われ、もう既にドラフトサイト出ということを忘れ去られているのかと思いました(笑)
ドラフト系のサイトやって10年ぐらいたちますが、1つの一環で仮想ドラフトというのをやっています。
12球団担当を決めて、ドラフト使命をしていますが去年「実際これまでどんな指名をしていますか?」と聞かれました。

ということで、これまでの指名結果を引っ張り出してみました。
おそらく、私の見る目の無さが露呈されるだけですが(苦笑)

第一回は2007年の大社ドラフトです。
広島
1位 加藤 幹典 投手 慶應義塾大学
2位 伊藤 義弘 投手 JR東海
3位 多田野 数人 投手 元3Aサクラメント
4位 藤島 琢哉 外野手 JR九州
5位 七條 祐樹 投手 日産自動車九州

育成1位 金 無英 投手 福岡経済大
育成2位 井上 暢祐 投手 龍谷大


1位の加藤を当てた時は、「よし、これで左のエースが決まった」と喜んだものでした。
まさかあれだけコントロールの良かった加藤が、プロ入り後はそれで悩むとは思いもしませんでした。

2位にはロッテ伊藤を指名。
まあ大学時代からあのストレートだけでも食っていけると思っていただけに、社会人で実践経験を増したのが良かったです。

仮想ドラフトで私が毎年指名してきた多田野、プロに指名されたのもこの年でした。
ブラウンがいたあの時代だからこそ、本当に広島指名があると思ったんですけどね。

4位の藤島はドラフト候補に何度も上がったものの、結局指名はなかったですね。
大きいのを打てる打者ですが、森野の様な中距離打者として育てたかったです。

そして5位では当時日産自動車九州にいた七條を指名。
正直言って、このときが七條のピークであったように感じただけに、指名順位こそ現実は上がりましたが「もう少し早くプロに行っていれば」という気がしてなりません。

育成枠では金と井上を指名。
金はソフトバンクで登板が増えるようになり安心しました。
ちょっと出るまでに時間がかかりすぎちゃいましたね。

まあこの企画の前提は、実際にこの選手たちのプロでの現況を考えて
「ふるし~はやはり見る目がないな~」
と思ってもらえればいいです(笑)
まあドラ1が当たらなかったものの、2位と5位で取った投手が1軍主戦級に。
そう思えばましな年でしょうか?
もし興味があるようでしたら、恥ずかしながら公開します(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふるし~

Author:ふるし~
アメブロで運営中のブログの裏館です。別館の方では野球の話題を扱っていますのでそちらもご覧ください。

FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
furusyをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。