終盤が…

今回ご紹介するのは、村上龍氏「半島を出よ 下」です。
先日上巻をご紹介しましたが、いろんな意味で期待とずれましたね。

これは世界観なのでしょうが、村上龍氏ならではの壮大さ
どうも、上巻の上陸からの流れのリアリティに比べ、下巻は抽象的であったりダイナミズムがありすぎでついていけませんでした。
自分がリアリティを求めすぎるタイプなだけにそう感じるのかもしれませんが、もともとフィクション系が好きな方にとっては下巻のほうが面白いのかもしれません。
まあもちろん上巻を読んだ上での下巻ですが。

一方で、反乱軍の兵士や病院の人間・市役所の人間などの人間の心情描写はよかったですね。
人間の葛藤というか、こういうもどかしさを書くのも村上龍氏らしいです。

下にありますが今は文庫本も出ており読みやすくなりました。
読書の秋、たまには大作に触れるのもいいのではないでしょうか。

半島を出よ〈下〉 (幻冬舎文庫)半島を出よ〈下〉 (幻冬舎文庫)
(2007/08)
村上 龍

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふるし~

Author:ふるし~
アメブロで運営中のブログの裏館です。別館の方では野球の話題を扱っていますのでそちらもご覧ください。

FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
furusyをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR