スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニー本

最近、再び読書生活を復活しました。
やはり、定期的に本を読まないと落ち着かないですね。
借りるのもそうですが、買うのを意識しています。

そんななか、今日ご紹介するのは福島文二郎氏「9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方」です。
発売されて1年ほどになりますが、今なお書店では人気のようです。
まあ巷にはディズニーの教育術についての本があふれています。
どの本もそうですが、だいたい書かれていることは同じです。
ただそれは逆に言うと、それだけひとつの考えや理念が徹底されているということですね。

この本ももれず書かれていますが、このたぐいの中では上手くまとめられていて、著者の立場も書かれています。
ただ逆に、終盤は若干抽象的になりすぎている感はありますが。

バイトの扱いといえば、深夜強盗で有名なすき家の深夜一人営業が話題になっています。
同じバイトの扱いというククリで考えると、そうとう違うというのが分かります。
まあすき家側の言い分もわからないわけではないんですけどね。

バイトの扱いを良くするという単純な理由で読むと期待はずれかもしれません。
管理職が部下とどう接するかという観点では得られるものもあります。
個人的に1番読んで欲しいのは、バイトをしている高校生や大学生です。
採用の時もそうですが、逆側の視点から見るというのは必ず自分にプラスとなります。
そうみると、バイトの立場で自分が何ができるか、それを考えるのにいい1冊です。

9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方
(2010/11/25)
福島 文二郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本はあまり読みませんが、書店にあったら見てみたいです。

珍しく俺に当て嵌まる!
まだ就活してない学生ですからね(笑)
もしドラ以来の購入するかも。

バイトはひとつを継続した方がいいのか、点々といろいろ経験した方がいいのか気になります。
今のバイト先の皆さんがよくしてくれるので辞める予定はないですが、
生活苦しい今、バイトを増やすべきか掛け持ちするかで考え中なんですよね。
節約する、見栄はって女の子や後輩におごらない、サークル抜けて追いコンや先輩へのプレゼント台浮かす。
それだけで解決できるんですがね~

No title

>地球村さん
簡単に読める本ですので是非お勧めします。

>たけみさん
下の話題だけで1記事書けそうですが自重。
お気持ちは十分わかりますが、かけもちは大変です。一方で、その支出を減らさないでほしいという気も。

せっかくなんで買って読んでみてください。
その際はぜひ、このバナーからで(笑)
プロフィール

ふるし~

Author:ふるし~
アメブロで運営中のブログの裏館です。別館の方では野球の話題を扱っていますのでそちらもご覧ください。

FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
furusyをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。