金のかかる就活

就職活動をして感じる方も多いと思いますが、非常にお金がかかります。
説明会会場に行く交通費もばかにならないですし、それが地方の人だと大都市の会場まで泊まりで行くと思えば相当の金がかかります。
安くすまそうと思って高速バスに乗ったら大変、疲れが相当たまり面接にも影響が出てしまいます。
しかも、説明会や面接が多く入るとバイトもできなくなるので、お金が出ていくばかりです。

一方、企業側も相当のお金をかけています。
先日の記事の内容になりますが、それが片方のサイトにしか載せていない理由です。
どのくらいの金額をイメージしているかわかりませんが、どのサイトも年間数百万円掲載料だけでかかります。
これに説明会や試験のために会場を抑えると金がかかり、担当の人間も拘束される時間を考えるとかなりの金額がかかります。

それだけに、準備不足であったりドタキャンする学生には非常に腹が立ちます。
採用する側も非常に金がかかっているということをぜひ頭の片隅に置いていてほしいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

結局、大学は東京に行けってことですね。
うちの親父は地方大学の先生やってましたが、地方は大変。

関西などの子達が必死にスケジューリングして、志望の数を絞って夜行バスで東京に面接を受けに行くのに、東京の子達は授業の合間にチョコチョコっと受けに行く。手軽だから大量に数も撃てる。

近年、有名企業の在京私大率が相当に上がってるらしいですが当然ですね。
国公立大学も、千葉大や首都大などの関東圏の大学が昔より強いそうで。

今でてるプレジデントでも、「就活やリーマン生活で元気な在京私大と、旧帝含めて元気のない地方国立大」みたいなデータが載ってましたね。

私もそう思いました。交通費や食費(見学・試験)の際に出していただき、とても感謝しています。会社に入ってから、恩返しをしたいです!

結果なんですが、一週間で来る予定が16日試験で、もう12日目です。そろそろですかね!?(汗)

No title

今の就職活動は大変なんですね。私たちバブル世代は就職活動も「あご・あし」付き・・までは行かなくとも「あし」(交通費)は必ず出ていましたね。東京・大阪に1週間就職活動に行って面接受ける会社から各々交通費を支給されると、それだけで就職成金になっていました。泊まるところはもちろん在京・在阪の大学に通っている高校時代の同級生の下宿。今の学生さんには頭が上がりません。

内定もらいました!

No title

>ぽこさん
まだ関西の連中はそこでやれるからいいですね。
知り合いに宮崎大の子がいましたが、宮崎では当然説明会が殆ど無く、福岡・大阪・東京にそれぞれ行かなくてはならないようです。
むしろ就活シーズンに2ヶ月ほどマンスリーで借りるほうがいいかと思いますね。

>地球村さん
おめでとうございます!
ぜひその思いを胸にがんばってください。

>チャーリーCさん
今の子たちに当時逃げないようにリゾート地に隔離していたといっても全く理解されないでしょうね。
まだ20年ほど前の話のはずですが。
プロフィール

ふるし~

Author:ふるし~
アメブロで運営中のブログの裏館です。別館の方では野球の話題を扱っていますのでそちらもご覧ください。

FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
furusyをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR