プロはプロに

昨日、期限の切れていたパスポートの申請に行ってきました。
で、申請の際に証明写真が必要なんですよね。
パスポートサイズだなんて普段使わないですから証明写真を撮りに行きました。
すると、道中に400円の証明写真機を発見。
だいたい700円ぐらいのもんですから「これは安い」と思って撮りました。

するとまあビックリ!
自宅プリンターよりも粗い画質で出来上がりました。
モデルの顔は置いておくにして、明らかに画質が悪かったんですよね。

そしてパスポートセンターに行くと
「受付することはできますが相当画質が悪いですよ」
「10年残りますがいいですか?」

と言われ、泣く泣くパスポートセンターの前の写真館に。

2枚で1,000円でしたが、しっかり写真を撮って作ってくれるので画質は完璧でした。
それで思いましたね、やっぱりプロはプロにしてもらわないとと。
「安物買いの銭失い」とはまさにこのことだと思いました。

久々に、管理人の日記帳でした(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

記事に関係無く恐縮ですが
始めて訪れる土地なんかでは その道に精通しているタクシーの運転手さんに自分は幾度か助けられました。近道にしても食べる場所にしても。旅行誌には無い穴場を勧めて戴いたり… やはり 精通している人には適いませんね。 自分はタクシー会社の回し者では有りませんが(笑) 地方に行って困ったら まず地元の方に恥ずかしがらずに聞く それが無難だと考えるようにしてます。

履歴書やらに使う奴は割合適当でもいいと思うんですが、免許証や学生証の写真は変更したい…みたいな感じですかね。

いっそ証明写真もプリみたいに出来ればいいのに。

>たけみさん

大学生でしたよね。
余計なお世話ですが、履歴書に張る写真を適当でもいいなんて
思ってたら就職できませんよ。
履歴書は今後の人生を決めていく大事な書類です。
この書類が給料をもらい、食べていく為の契約に繋がるの
ですから、ちゃんと鮮明な写真を貼るべきだと思います。

No title

パスポートの写真で失敗した人間です(苦笑)。
画質が悪かったりとかいう訳ではなく,当時顔にひどい湿疹ができていて,写真にくっきり写ってしまっていました。海外旅行が目前に迫っていたので後日撮り直すという訳にもいかず,そのまま使いました。今考えると髪型も変でした。
あと3年8カ月の我慢です(泣)。

No title

私も使用期限が来月までだったので、昨日パスポート更新しようと思ったら、
あれ更新料かかるんですね
当分外国に行かないので、気づかないことにしました(笑)

私はこないだ写真館で証明写真撮影しましたが、証明写真機とは全然違いますね。
同一人物だとは思えません。
ニキビ跡を撮影後に機械で消したりも出来、少々お高いですが、
技術料ろと思えば納得ですね

No title

>Rooseveltさん
そういうしっかりしたタクシードライバーさんいいですねえ。
都会だとたまに道を教えないといけない方もいるので苦労します。
おっしゃるとおり地元の方に聞くのがベストでしょうね。

>たけみさん
履歴書に使う写真は金かけたがいいですよ。
就活用に写真加工もいくらでもできるので実際にあってみて「こんな顔だったっけ?」と写真と見比べることが多いです(笑)

>YUPPYさん
顔で選んでいないといいますが、やはり最初は履歴書の写真が第一印象になるので大事にしたがいいと思いますね。
結構履歴書に信じられないような雑な写真貼る子いますよ。うちはまだいませんが、プリクラを貼ったという話は実際にあるようです。

>もーりーさん
金払ってでもいいから写真を変えたいという気持ちになりますね。
3年8ヶ月・・・・結構長いですね。

>(・∀・)さん
技術料と思えば確かに納得できます。
やはり何事もプロにしっかりやってもらったほうが満足度が違いますね。

No title

もう10年以上も海外に出ない私には、今しばらくパスポートは不要ですね。
私は先日、5年ぶりに運転免許の更新に行きました。その写真の出来映えは・・・被写体はともかくとして、適当にボケるあたり素晴らしいですね。しわとかしみとか見えません(笑)

No title

>大和くんさん
私も最後に海外に行ったのがアジア通貨危機当時の韓国でした。
パスポートはあまり使わないですが、免許証は常日頃見るものなだけに大事にしたいですね
プロフィール

ふるし~

Author:ふるし~
アメブロで運営中のブログの裏館です。別館の方では野球の話題を扱っていますのでそちらもご覧ください。

FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
furusyをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR