氷河期以前に分母の問題

新連載一回目です。
先日も会社説明会をやってきましたが学生は大変ですね。
今回は間違い無く以前の就職氷河期よりも苦しい時代になっているのは間違いないです。

その1つ示すデータとして、1985年に就活を控える大学生の数は180万人でした。それが、2010年には290万人に増えています。
少子化と言っているはずが大学生の数が100万人も増えているわけです。
企業が採用の枠を減らしているというのもありますが、そもそも分母の数が増えているわけです。

こういうことをいっては怒られますが、大学生の数も学校数も増えすぎていると思います。
そして実際に大学で何をしているかといったらサークル・バイト・合コンばかりです。
もちろんどれも否定するものでないですし、この時期に多いにやってもらいたいことです。
ただ、本業の学業はというと・・・・ビックリするぐらいにしていないことに驚かされます。
基礎学力であったり、文系学部卒なら必修でとっているレベルの話が伝わらなかったりします。
大学の質も質で、低いレベルの大学だけでなく指定校などでそのレベルでない学生が有名大学にいたりしますね。

だからこそ、大学のうちに遊びをしながら少しでも勉強をした子は強いと思います。
4年間を遊んだりしてだらだら過ごすひとが多いからこそ、ほんの少しの頑張りで差をつけてもらいたいです。

なんか初回なので愚痴っぽくなってしまいましたが、次回からは
・こんな学生がほしい
・こういう学生は取らない
・面接のコツ

などをお伝えしていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そのとおり遊びまくってる学生です。
授業も何言ってるかさっぱり・・・
単位が出てるのが不思議なくらいです。
でも経済学って高校と違って何を勉強したらいいかもわからないんです(汗)

確かに最近は大学多いですよね。
潰れてるわけでもないのに。
地元福山市では「福山市立大学」がオープンする(した?)みたいですが、
「福山大学」「福山平成大学」が全国偏差値ランキング最下位なのをまずどうにかするべきでは・・・と思ってしまいます。
偏差値40弱の大学がいくつ出来てもまた定員われまくるだけ。
こういうの行っても意味あるんかなぁ・・・

とか高校3年まで第一志望福山大学だったやつが言って見ます(笑)

No title

25年で大学生の数が110万人も増えたのがすごいですね
不景気で高校生が就職せずに大学へ→大学生が激増+採用枠が減る
負の連鎖ですね

次回の就活ネタ楽しみです
生放送で就活ネタ一枠も盛り上がりそうですね

No title

>たけみさん
根本的に学校が多いですね。
低偏差値学校が独自色をつけようとして、やたらカタカナであったり名前の長い学部を創りだしたら末期症状です(苦笑)

経済学も学問で考えようと思ったからかなり難しいと思います。以前、「ふるし~の本棚」で紹介した吉本佳生氏の本などは日常活動を経済学と結びつけて書いてあるので理解に役立つかと思います。


>(・∀・)さん
その面もありますね。
持論ですが、大学進学率なんか30%もあれば十分と思っています。もっと工業高校や商業高校から直で社会にはばたく手に職を持った人が増えていいと思います。

生放送でやりたいですね~。「採用担当の人事部長が語る」とかタイトルに入れたらお客さん増えるでしょうか?(笑)

大学生

自分も今、大学生なのですが、管理人さんのおしゃるとおり、本業である学業はかなり疎かにされていると思います。
教授も、教育者ではなく研究者ですから、学生の面倒を見ようとはせず、ますます学生と勉学の距離は離れているかのように思います。
私は大学が何でもやってくれると勘違いしている学生が多いように思います。
プロフィール

ふるし~

Author:ふるし~
アメブロで運営中のブログの裏館です。別館の方では野球の話題を扱っていますのでそちらもご覧ください。

FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
furusyをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR