ドラッカー拡大中

本日ご紹介するのは、長田周三氏「ドラッカーが教える営業プロフェッショナルの条件」です。
ちまたには、ドラッカー本があふれていますね。
去年、もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらが爆発的なヒットを記録して依頼、急激に増えたのは間違いないでしょう。

今回の作品、作者はドラッカー学会に入っていることもあり相当熟読し理解されているのがわかります。
知り合いの教授や友人でドラッカー学会に所属している人もいるのでわかりますが、やはりそれらの人は相当詳しいですね。

内容としては、ドラッカーの考えを営業で活かすためのほうほうのようなものです。
作品の中で興味深かったのは
・営業はプロであるべし
・他人に任せることは任せる
・「~したいと思います」ダメ
・営業はエンプロイやビリティを意識しないといけない
・人と合うたびに新しい情報を提供し、会う口実を作る


1つ1つ述べたいのですが、興味があるポイントのリクエストがあれば後日その部分を書きます。
その中でも、営業のみならず意識したいのは「~したいと思います」についてですね。
日本人らしいというか、とりわけ最近良よく聞く言葉です。
考えて見れば「~したいと思います」はすることではなく思うことをいっているんですね。これではやるより思うが先行しています。
他に
「お詫びしたいと思います」
「ありがとうと言いたいです」

などもおかしいですね。

言葉に責任をもつ意味でもしっかり
「~します」
という習慣付けをしないといけませんね。

この本は営業の方はもちろん、部下のマネジメントに困っている方、朝の朝礼でネタのない方にも使えます(笑)


ドラッカーが教える 営業プロフェッショナルの条件ドラッカーが教える 営業プロフェッショナルの条件
(2010/10/21)
長田 周三

商品詳細を見る



※生放送を開始します、会場はこちらです。(0:25)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv39464015
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふるし~

Author:ふるし~
アメブロで運営中のブログの裏館です。別館の方では野球の話題を扱っていますのでそちらもご覧ください。

FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
furusyをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR