急激な成長

今日ご紹介するのは、本城雅人氏「嗤うエース」です。
前回、ノーバディノウズの寸評を書きましたが、野球小説というジャンルが面白く筆者の最新作を読みました。

正直言って感想は、「1年でここまで成長するのか」というものでした。
デビュー作の感想として
・時系列が飛んで分からなくなる
・男女の表現が稚拙

などの問題がありました。
その問題点が今作では一気になくなっていました。
時系列に関しては、主人公を中心に時間軸通り進んでいるため、話がぶれずに分かりやすくなっていました。

作品の中身としては、人気球団の絶対的なエースである浪岡であるが、常に暴力団との付き合いが噂され、野球賭博の噂があるが・・・・という内容です。
去年の八月出版ということで、世間を賑わした大相撲野球賭博問題よりは後になります。
しかし、わずか3ヶ月で書くということもないでしょうから非常にタイムリーな話題となりました。
元スポーツ記者ということもあり、野球賭博に関しての記述などはかなり踏み込んであり納得させられるものでした。

前作より作品としてかなり成長してる点でもおすすめです。
野球好きの方には間違い無く楽しめる内容だと思います。


嗤うエース嗤うエース
(2010/08)
本城 雅人

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

記事に触れず申し訳有りませんが
急激な成長って意味では別館で書かれていた伊東昂大が今季何処まで延びるか興味が有ります。
環境が変われば選手も変わる
意識が変われば選手も変わる

岡山県代表の創志学園、昨夏地区大会一回戦ゴールド敗退でしたね。監督さんは かの神村学園を率い創部二年で準優勝に導いた 長澤監督。
水城も 監督が変わり強豪校に仲間入りしましたね
佐渡の監督も深井監督が自らの意志で離島に赴任されましたが 以前は柏崎高を選抜に導いた人物。
野球は指導者…ですね(笑)

大野の指導が変わればって前提ですが まず伊東らには二軍で無双の活躍を期待します

野球が好きなだけに、野球小説は敬遠していました。これを機に少し手を出してみようかと思います。

昨晩の生放送、楽しく聞かせて頂きました。私は21世紀枠が全て的中です。少しだけドヤ顔させて下さい(笑)
地元紙の情報ですが、守山は近畿・21世紀枠どちらでも評価されなかったようです。(近畿6校目は加古川北と神戸国際大付の争いとか…、補欠校にも入ってませんし。)残念です。
城南は昨年も徳島から川島が選ばれたので苦しいと思っていました。佐渡と大舘鳳鳴は予想通りです。

抽選後に優勝予想など、お時間ありましたらお願いします。

昨日は無茶な質問に答えてくださり、ありがとうございました。
やはり社長の器ではなかったのかもしれませんね。

お勧めの本は、図書館ですがなるべく読まさせてもらってます。
私も野球小説は全く読みませんが、これは読んでみたいと思います。

No title

>Rooseveltさん
あとは九国大付も若生に変わって夏春出場となりました。
ホント指導者ですね・・・・我が軍は絶望的です。

>嶺上開花さん
私も全く同じでしたが、筆者が野球をしっかり知っているということもあり楽しく読めました。
守山の評価の低さがよくわかりませんね、進学校枠だとしても十分でしたが。
また大会予想や優勝予想はやりたいと思います。

>岡山カープさん
いえいえ、私も第一報を聞いて「あの会社が?」と驚きました。
研究が好きなわけであって経営者タイプでなかったのでしょうね。
プロフィール

ふるし~

Author:ふるし~
アメブロで運営中のブログの裏館です。別館の方では野球の話題を扱っていますのでそちらもご覧ください。

FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
furusyをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR