野球小説

本日ご紹介するのは、本城雅人氏の「ノーバディノウズ」です。
タイトルを見て「ココロオドル」を思い出してしまった方、私と同じです(笑)

いつも経済系や経営系ばかり紹介していますが、今回は初の小説です。
この本は、2009年の松本清張賞を最後まで争った優秀作です。

そして内容ですが、タイトルのとおり野球小説です。
メジャーで韓国系アメリカ人が本塁打王をとったのだがその過去には・・・・という内容です。

あまりネタバレになってはいけないので言葉を選んで書きますが、楽しめる作品です。
著者が元スポーツライターということもあり、海外野球についての知識や、試合での表現などはかなり長けています。
その一方で、人物描写や状況描写が稚拙に写ってしまいます。
序盤での伏線も分かりやすく、話のオチはある程度見えてしまいました。
しかし、野球の好きな人間ならこの展開の次を早く見たいと急かされる気持ちになると思います。

2009年デビューと同時に話題になった作品ですが、こののちも野球小説を書いています。
あまり小説は読まない管理人ですが、デビュー作でのレベルの高さから次の作品も期待して読んでみたいと思います。



ノーバディノウズノーバディノウズ
(2009/08)
本城 雅人

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふるし~

Author:ふるし~
アメブロで運営中のブログの裏館です。別館の方では野球の話題を扱っていますのでそちらもご覧ください。

FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
furusyをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR