FC東京J2へ

今日はJリーグ最終節を迎えました。
優勝争いは早々に名古屋が決めて盛り上がりにかけた最終節ですが、降格争いはもつれました。
京都湘南が早々に決まったもののあと1枠が決まらず。
有力だった神戸がこの7試合負けなしと意地を見せ、ここまで持ち込みました。

試合前は、降格を決めた京都相手のFC東京が優勢。
一方、追う側の神戸は浦和の苦しい状況でした。
しかも、浦和ホームで主審は家本、絶望的と言っても過言でなかったです。

ところがフタを開けると全く違いました。
特に前半15分までの攻めの姿勢は大きく期待を持たせるものでした。
結果はまさかの4-0で神戸勝利。
吉田のPKもしっかり決まりましたし、3点目となったパクカンジョのシュートは素晴らしいものでした。

一方、有利だったはずのFC東京は0-2で敗戦、降格となりました。
2000年の昇格以来初めての降格ですね。
どうも近年、ナビスコ杯を取ったところが落ちる傾向にあるのは気のせいでしょうか。

幸いにも、FC東京は多くの主力が更改を終えたり複数年となっているので残るでしょう。
ただ、年俸高い選手も多いのでスポンサーの減る2部では苦しいでしょうね。
もし多くの選手が残留するれば今年の柏のようにレベルが違いすぎます。
おそらく、のようなぶっちぎりっぷりはないでしょうが、来季の戦いが気になります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふるし~

Author:ふるし~
アメブロで運営中のブログの裏館です。別館の方では野球の話題を扱っていますのでそちらもご覧ください。

FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
furusyをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR