社訓の大切さ

本日ご紹介するのは、浜口直太氏「あの会社のスゴい社訓」です。
最近考えが変わりましたが、社訓って大事ですね。
少し前までは
「あくまで理想に過ぎないだろ」
と思っていましたが、経営者がしっかり社訓を掲げて社員に示すことってほんとうに大事ですね。

一番印象に残ったのは、「経営者は常に頭脳の重労働を続けよ」
もちろん肉体労働も大事ですが、社長にしかできない仕事を果たしていくことは大事ですね。


あの会社のスゴい社訓(晋遊舎新書003)あの会社のスゴい社訓(晋遊舎新書003)
(2009/03/31)
浜口 直太

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

社訓ですか・・・。しかし、こんな経営者もいるんですよね。

>松田元オーナーは「今季の低迷はフロント、首脳陣、選手それぞれに責任が
>ある。来季は一丸となってリベンジしたい」と話す。

低迷の責任をすべて選手に押し付け、一切の処罰がなかったフロント、首脳陣。
さらに、

>野村監督は「練習したもの勝ち。野球の教科書に書いてある」と力を込めた。

どんな教科書だか知りませんが、発行は昭和以前で間違いないでしょう。
こんな根性論のみの無策な監督が、この平成の世にまだ存在するのだと思う
と、戦慄を覚えます。
投手陣には球速アップの破壊活動、もとい、猛特訓を課すらしいですが、来年
投手陣全員が速球派のノーコンになっていそうで恐いです。
まあ、マエケンだけはこんなバカには付き合わないでしょうが。

No title

>匿名さん
広島東洋という一つの会社で考えると酷すぎますね。
やはりトップを変えてしっかりした方針を持たないといけません。
プロフィール

ふるし~

Author:ふるし~
アメブロで運営中のブログの裏館です。別館の方では野球の話題を扱っていますのでそちらもご覧ください。

FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
furusyをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR