目標のない中での使い方

今日は西武楽天をテレビ中継で見ていました。
前のカードではホークスを追うロッテを虐めた楽天ですが、今回のターゲットは首位・西武です。
ソフトバンクに追われる西武と、最下位の決まった楽天。
楽天は怪我人が多い中、若手が頑張っています。

今日先発の菊池高卒三年目のプロ初登板初先発初勝利。
先日一軍にあがってきたばかりでスタメンを張っている中川高卒二年目の野手です。
中川に関してはうちが指名濃厚と見ていましたが、まさか楽天の二巡目で持って行かれました。
当時は
「いくらなんでもこの順位は高すぎるだろう」
と思っていたのですが、今日体つきの良さと打撃を見ていたらよくこんなに早くここまで育てたものだと驚かされました。

うちは若手を使うと言っても代打や中継ぎが限界です。
楽天は今日西武を破り首位から引きづりおろしました。
うちも若手が暴れて、優勝争いをややこしくするような役割を少しでも見せて欲しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日昨日と僕はマツダスタジアムへ観戦に行ってきました。
ヤクルトサイドからして昨日の青木さんの本塁アウトは赤松選手の素晴らしいファインプレーが見られました。
普通外野手のステップはボールを取ってから3歩踏むんですが、あの時の赤松選手はたった1歩しか踏まずにとってすぐボールを投げたために、0コンマ何秒の差でかろうじて本塁に間に合いアウトになりました。赤松選手は絶対にゴールデングラブ賞を取るべき選手だなと思いました。
僕的には広島では廣瀬さんと梵さんがゴールデングラブ賞取れる守備力を持っていると思ってます。
ただ今日は館山さんが7回に廣瀬さんの火の出るようなあたりを左手に受けてから投球が豹変しました。申し訳ないですが、こんな悪い状況で完封できたのは広島打線が貧打線だったからだと言わざるを得ない内容でした。
やはり現場観戦でないとわからないことなんだなと感じました。おもしろかったです。この2日間。

No title

若手起用は、本当にやってほしいですよね。二軍でもなかなか上げられる
レベルの選手がいないのかもしれませんが、現在のベテラン固定オーダー
は・・・。一、二試合ぐらい、丸をスタメンで起用してほしいです。
そのくせ連勝中にスタメンをいじるという、意味不明なことばかりしてますしね。
流れが良い時は動かないのが鉄則なのは、常識だと思うんですが。

ただ、石井のスタメンはいいですね。あの歳であの打撃成績は、本当に立派
です。キムショーといい、体が壊れるまで投げた岸本といい、横浜さんには
足を向けて寝られないですね(笑)。

楽天中川に限った話では無いですね。中日、堂上弟。ヤクルト、川端。試合に使われる中で確実に成長しています。 それに比べて…(笑) それもこれも若手を起用させない現状を引き起こした主軸も悪い(笑) 強いチームは得てして スタメンが離脱しても カバー出来る 強みが有りますよね 選手層云々では無く。そう言うのは経験がモノを言うのだろうと思います。 そう言う意味で昇吾の活躍は立派ですね

No title

これ私の名前の所以です。
中途半端なスイングばかりして打率も思わしくない
★元★首位打者
よりも若手使った方が見ていて楽しいし、
打ってくれなくてもチームの勢いも良くなるはずです。
個人的にはもっと「丸」の打席が見たいですね。

とりあえず、
野村監督は何を目的にオーダーを組んでるか
毎試合の前に発表してから試合を見てみたいです。

No title

>ろーけてぃさん
現地観戦お疲れ様でした。
ヤクルト側の視点から書かれたコメントを聞けるのも珍しいので興味深く見せていただきました。
仰る通り、個々では良い打者がいるのですが線になると貧打線と言われて否定できませんね。

>匿名さん
その横浜さんでは小山田がやっと二軍登板復帰し森笠も・・・・
オリックスとのトレードでいつもいちゃもんをつけていますが、横浜さんに対しては申し訳ない気がありますね。

> Roosevelt さん
経験をつむことでよくなるというのは大きいですね。
特にキャッチャーなんかはその要素が大きいわけですから、會澤にもっとマスクをかぶる機会を与えて欲しいです。

>アンチシマさん
丸は前身からやったるという感が溢れていますね。
彼が将来どういうタイプの選手になるのか楽しみです。
プロフィール

ふるし~

Author:ふるし~
アメブロで運営中のブログの裏館です。別館の方では野球の話題を扱っていますのでそちらもご覧ください。

FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
furusyをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR