仕事で必要

これまでニコ生やらユーストリームやらアイフォンなど新しいメディアにくいついてきたおじさんですが、とうとう壁が現れました。
これまで避けに避けてきたツイッターが仕事で必要になってしまいました。

実は、裏館を開始するときに別ブログにするかツイッターにするかで悩みました。
悩んだ結果、結局やりやすかったブログの方に落ち着きました。

しかし、このたび仕事でツイッターが必要という避けられない状況になりました。
正直言って、今のツイッターの流れに完全に逆らい避け続けてきたのでよくわかりません。

とは言うものの、必要となれば覚えなければなりません。
ツイッター初心者以下の私に、ツイッターをやっている方の意見、さらにはツイッターはまだという方もどう思われているかとか教えてください。

ブログとは基本的にどう違うのか、ツイッターの特性などがありましたら教えていただけると嬉しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お忙しい中、日々の更新お疲れ様です。

ツイッターってよく分からないです。速報性はよさそうですが、見ても誰がいつ反応してどう話が進んでいるのか分かりにくいのが正直な感想ですね。管理人さんの速報ブログ(ドラフト当日や五輪メダル情報)なんかのほうが、ツイッターよりいいと思うのですが。

最近、忙しいやら夏ばて気味だったので、コメントできなかったことをいくつか・・・

高速渋滞。本来建設からペイすれば無料って構想だったので、いいのかもしれませんが、高速の意味がないですよね。長距離便の荷物が遅延したりたまったもんじゃないですので、規制緩和で競争過多になった運輸業界が使用料を優遇されるなどすればいいのにと思います。

素麺はチャンプルもいいですが、実家ではごま油仕立ての肉野菜炒めを乗せて、めんつゆをラー油など辛味を加えたタレをかけて食べていました。結構うまかったですよ。

甲子園、島袋率いる興南が偉業達成ですね。一方で一二三が急なサイド転向で今後も含めて心配になります。甲子園を通じて感じる郷土愛ってありますね。私は数年前のがばい旋風のときは嬉しかったですね。パの地元球団から愛着が薄れているので、今はJ1ではサンフレ派なのですが、J2から早期に九州勢が昇格できるのを応援しています。

No title

世間の流れが完全にツイッターになってますよね(笑)
私もmixiやツイッターは全くわかりません(苦笑)
画面の見方がわかりません。新しいことに挑戦しないといけないとは
思うんですが
140字だったら長文を書きたい時はデメリットとなりますが、相手側から見たら
短文なので把握しやすいといったところでしょうか。但し誤解が生じやすそうです

私もそろそろツイッターしないといけないかもしれません

私も仕事絡みではじめました

ふるし~さんお疲れ様です

私も仕事絡みではじめる事にして半年くらいですかね~

仕事仲間や同業者とのやりとりに活用してます。メールよりも敷居が低いというか、気軽に言葉をおいていけるのでなかなかよいです。ただ内輪でやる目的だったのが知らない人がきてつぶやいていった時にはびっくりしました。署名の話を誰かが検索してたどりついたみたいで、カープをアツく語っていかれました。まぁ署名をひろめる目的でしたのでOKなんですけどね

ふるし~さんの記事の場合はブログの方があっていると思いますし、私もその方がよいです。

これからもよろしくお願い致します。

No title

>どんちっちさん
速報ブログ喜んでいただけてうれしいです。非常に手作業ですが、個人的にはあのほうがお手製的な感じで私も好きです。

高速に関してまったく同じ意見です。
そうめんのその組み合わせも本格的でおいしそうですね。
鳥栖もまだまだ可能な位置にはつけていますがどうしても戦力的に苦しいですね。とはいえ、5チームも2部にいてもあれなんでどこかが早く上がらないといけないのも確かです。

>(・∀・) さん
海外と比べたら日本の140字は長いほうですね。
実際に携帯で140字打つとそこそこの長さですが、PCでタイプすると異常なぐらい短く感じたりします。

>かなゴジラさん
お仕事で必要でしたか、体験談非常に参考になりました。
敷居の低さ・・・・言われてみれば確かにそうですね。
ツイッターも考えましたがやはり私はこちらのほうがいいんでしょうね(笑)
プロフィール

ふるし~

Author:ふるし~
アメブロで運営中のブログの裏館です。別館の方では野球の話題を扱っていますのでそちらもご覧ください。

FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
furusyをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR