J初の無観客試合 それでもずれている浦和の対応

先日こちらでも取り上げた浦和の差別問題
あの後も発言のど真ん中には触れることなく今日を迎えました。
注目の試合は1対1のドロー。
巻き込まれた清水の選手も戸惑いながらの試合でした。

これで一区切りをつける話なのでしょうが、どうしても浦和が今回の問題を間違って捉えてる気がしてなりません。
試合前に浦和キャプテンの阿部
「サッカーは社会から差別を撲滅する力を持っています。サッカーを通じての仲間たちとともに差別と戦うことを誓います。」
今回の問題は浦和サポーターから生まれたのにどうしても子の第三者的言い方が気に入りません。
問題の真ん中はこれを掲げた浦和サポーターに、対応の遅れた浦和フロントです。
浦和サポーターの行動によってサッカーそのもの、ひいては日本のスポーツについて世界から厳しい目を向けられています。

加えて、ユニフォームのロゴ部分に
「sports for peace」
のロゴ。
スポンサーが今日の試合だけ名前が出るのを嫌がった話ならわかりますが、このロゴは変な誤解を生まないでしょうか。
こういった政治的メッセージと捉えられかねないもの
ましてや今回の騒動のど真ん中でこれは感覚がずれていると捉えられかねません。

問題が起きて初動の浦和フロントの対応といい、どうも問題の本質からずれているのが心配です。
巻き込まれた清水の選手・サポーター・関係者は本当にお気の毒と思います。
Jを代表するクラブと自負する浦和には、差別だけでなく相次ぐ問題が起きぬよう襟を正してもらいたいです。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:ふるし~
アメブロで運営中のブログの裏館です。別館の方では野球の話題を扱っていますのでそちらもご覧ください。

FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
furusyをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR